バスルーム

【バスルームの仕様②】シンプル・使いやすい・ラク家事

【バスルームの仕様①】の続きです。

タカラスタンダードで選んだ仕様

シンプル、使いやすい、掃除しやすい

を目指したお風呂です。

掃除面で、カビの温床になる ものはほとんど外してもらいました。

びっくりするくらいシンプルで、何もない。

でも掃除はとてもラクだし、スッキリしてリラックスできます。

①カウンター・壁のラック・ミラー・タオルバー 無し

ありとあらゆるものを無くしました(笑)

シャンプーや洗顔類は、無印良品のステンレスのかごにまとめています。

最後にお風呂入った人がカゴごと持ってお風呂から出て、

足ふきマットの上に置いて水切り→乾いたらしまう。

の予定です。

鏡はうろこが付くのが嫌だから外しました。

必要になったら、磁石で貼れる小さい鏡を購入する 予定。

使い終わったらシャンプーと一緒にカゴに入れて外に毎回出します。

習慣になってしまえば、面倒では無いはず。

②浴槽はベンチタイプ

浴槽はベンチタイプを選びました。

これも「選んでよかった!」な仕様の1つです。

①節水になる

②子どもが使いやすい(椅子のように座れて)

の2点で優秀です。

特に節水面では、かなり効果あると思います。

あと、低い位置に給湯の穴があるので、

「お風呂のジャバ」や「オキシクリーン」で風呂釜を洗うときも

少量のお湯で済みます。

 

③風呂蓋は「1点止め」

蓋を止めるプラスチックの部分が、

1点止め か 3点止め で選べます。

これも地味ですが、迷いました。

実家は3点止めです。(上に1点下に2点あり、浴槽から浮かせるように風呂蓋を置けます。)

3点止めだと、壁に固定する タイプになります。

1点止めだと、磁石の止める タイプになります。

 

この 風呂蓋フックも結構カビやすい んです。

なので、磁石で外せる1点止めは清潔 だと思い、1点止めにしました。

風呂蓋はある程度水を切ったら、脱衣所に置く予定です。

④ドアは開き戸

お風呂のドアには大きくわけて3種類あります。

①引き戸 ②折れ戸 ③開き戸

便利なのは断然①引き戸です。ドアの開閉で人にぶつからないので。

ただ、引き戸と折れ戸は レールが汚れやすい

(引き戸は私的には以外でした。結構汚れたまるし、カビやすくなります)

もちろん開き戸も汚れますが、とにかく 掃除がラク 

価格も標準仕様が開き戸だったため、開き戸を採用。

 

⑤タオルバー 追加

↑開き戸の脱衣所側のドア面に、「タオルバー」をつけました。

(お風呂の中では無く、脱衣所側。)

このタオルバーは、バスタオルをかけたり、足ふきマットを乾かしたり、

お風呂で遊んだオモチャをS字フックで吊るしたり。

使い道が色々あり、選んで正解!!

むしろ2本付けられるなら、タオルバー2本付けたかったくらい。

(2本目は、今のところ突っ張り棒で代用していますが、たまに

⑥浴室乾燥・暖房機能 無し

これは最後まで、すごく悩みました。

我が家が無しにした理由は、

①家の仕様が「高気密」「高断熱」であること

②LDKの隣に脱衣所があり、LDKのエアコンで脱衣室やお風呂も温めることが可能

③光熱費節約。浴室暖房はかなり高いと聞き、あると使ってしまうので。

④「乾太くん」という衣類乾燥機を採用しているので、乾燥機能はいらない

⑤暖房機能しか使わないとなると、使うのは年に3か月くらい。

⑥カビが怖い。浴室暖房機がカビやすそうで、10年以上使うと怖いと思いました。

⑦我が家は雪は年1回降るか降らないか、くらいの地域。

 

このような理由から、シンプルな換気扇のみ にしました。

 

お風呂1つにしても、

標準メーカーから選んだにもかかわらず、ここまでこだわりました(笑)

ただ、こだわり抜いただけあり、

「こうすれば良かったなぁ~」みたいなのがほとんどないです。

(タオルバー2本つけたいくらいかな)

 

オシャレなホテルライクのお風呂も憧れるけど、

水垢が大敵なので、無難なグレーと白でまとめた

シンプルなお風呂を選んだお話でした。

 

とても長いお話でしたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

ABOUT ME
riko
30代夫婦と3人の幼い子どもがいます。 モノトーンなインテリアと木のぬくもりが好きです。 コンパクトなお家ですが、 家族みんなが居心地の良いおうちづくりをしています。