タイル

フロアタイル【床材はコレを選びました】

【フロアタイル】と【クッションフロア】

フロアタイルとは?
塩化ビニル製のタイル状の床材のこと。 柄バリエーションが豊富で素材感をリアルに表現した凹凸加工も魅力。 キズにも強く、カッター1本でカットができ施工が簡単な事から、住宅や店舗によく使用されるもの。

 

クッションフロアとは、ビニール製のクッション性のあるシート状床材。 裏打ち材に不織布やビニール層があり、中間に発泡層、表面に透明ビニール などを張り合わせたもの。 フロアタイルよりリーズナブル。

フロアタイルとクッションフロアの違いは、簡単に言うと

フロアタイルの方が厚みや立体感があり、よりリアルに仕上がっている(高級感がある)

というところかな、と思います。

工務店の床材の標準が、永大産業のフローリング or フロアタイルでした。

そのため、サンゲツのフロアタイルカタログでしたら、どれでも追加料金なし

で選ぶことができました。(めっちゃうれしい)

サンゲツ フロアタイル

サンゲツのフロアタイルは

①冬にタイルのようにヒヤッとしない

②本物のタイルのように見える

③掃除しやすい

と優秀です。私は、色はグレーで、ストーンっぽいものが好みなので、

ストーン系の写真ばかり載せていますが、木目調も沢山ありますし、

大理石風、畳風、など色々な種類があって、カタログ見るだけでも面白い。

採用候補のフロアタイルがコレでした♡

最終的には3つのデザインのタイルに絞ったのですが、

(脱衣所、1階トイレ、2階トイレの3か所です。)

他のデザインも本当に可愛くて、どれも採用したかったので、参考に候補をすべて載せておきます。

スムースモルタル

モルタル調だし、60cm角で大きめなのもいいです。グレーも濃いグレーと薄いグレーがあります。

モルタルブロック

こちらも本物のモルタルみたいで素敵!

サイズが45cm角と、スムースモルタルより小さめ。

タイルの淵部分に、濃淡のムラがあります。

砂岩

こちら、ちょっと触ると凸凹していて、本格的です。

IS-780のグレーも可愛いです。

ラスティメタル

こちらはサイズが45cm×91cmという長細いタイプです。

少しキラキラしていて、男前なモダンな感じです。

ゼクス

形が6角形で珍しい。色々な色を使うとうるさい感じになるけど、

グレー1色(GT-753かGT-750 辺り)だけで並べたら、可愛いです。

正6角形が好みでしたが、少し横長の6角形もいいな!と思いました。

レゴリス

カタログの中では、あまり目立っていない商品だったのですが、

少しムラがある感じのグレーが気になって、サンプルを請求しました。

ビアンコ

サンプルを請求したのはIS-742です。

大理石調のフロアタイルでした。少しツルツルしています。

家中がグレーと木ばかりなので、ちょっと変わったような

素材を取り入れても、変化があって面白いかなと思いました。

また工務店の施工したお家の見学会に入った際に

このフロアタイルが玄関ホールに使われていて、とても可愛かったので気になりました。

最終的に選んだフロアタイル

フロアタイル選びは、お気に入りのものが多すぎて、本当に迷いました。

「子ども部屋を木目のフローリングじゃなくて、フロアタイルにしようかな?」と

迷ったくらいでした。

1階トイレ

*完成前の写真も載せてみました

こちらに使用しているフロアタイルは、

レゴリス IS-733

を採用しました。

最後の最後に取り寄せたサンプルだったのですが、

絶妙なグレーがとても気に入りました。

サンプル請求って大事だなぁと思いました。

2階のトイレ

こちらは、ゼクス GT-750

を採用しました。

ネットなどで施工例を調べても

ゼクスの1色をトイレに使っている例が見つからず、

完成までドキドキしました。

仕上がってみると、よりグレーのタイル調な感じで

横長の六角形もかわいくて、

コレを選んでよかった♡♡

基本的に家族しか使わない2階のトイレですが、お気に入りのフロアタイルです。

脱衣所、ファミリークローゼット、サンルーム

我が家は、脱衣所、ファミリークローゼット、サンルームが1列に繋がっていて

行き来ができるようになっています。

特にファミリークローゼットやサンルームは、木目のフローリングを採用する人が

多いとは思いますが、

扉はありますが、基本的には開けっ放しの空間なので、

①広い空間に見えるように

②脱衣所やサンルームは、汚れやすかったり、洗濯物から水が垂れたりすることも考え

水回りに強いものがよい

と思い、フロアタイルを採用することにしました。

こちらも実際よりは暗めに写っています。

スムースモルタル IS-729

濃いほうのグレーです。

こちらを採用しました。

フロアタイルを採用してみて

結果、どの場所も大好きなグレーを採用しました。

その時に、選んだ基準としては

①見た目の色が好み

髪の毛、ホコリが目立たない色

という2点を特に意識しました。

実際に採用してみて思うのは、

特に②の髪の毛や埃が目立たない色を選んでよかった!

ということです。

もちろん、毎日掃除機はかけていますが、

掃除機をかけても、すぐに落ちる髪の毛。(特に産後の私。。)

髪の毛や埃が目立つと、とてもストレスになるので、

この3つのフロアタイルを選んで本当に良かったと思いました。

(どれも目立ちません!とても優秀。)

最後まで、大理石調のビアンコをトイレに採用しようか

迷ったのですが、サンプルの上に髪の毛を落としてみて、とても目立ったので

泣く泣く採用を諦めました。

ただ、今回採用した3つのグレーのフロアタイルは、

同じグレーでも全く表情が違うので、家全体に統一感も出しながら、

違いを楽しむことが出来たので、結果的にはとても良かったのかなと思っています。

 

 

 

 

ABOUT ME
riko
30代夫婦と3人の幼い子どもがいます。 モノトーンなインテリアと木のぬくもりが好きです。 コンパクトなお家ですが、 家族みんなが居心地の良いおうちづくりをしています。