バスルーム

【バスルームの仕様①】シンプル/使いやすい/ラク家事

バスルームは標準仕様から選びました

お風呂=プライベートゾーン

ミーレや乾太くんを導入したかった我が家には、

メリハリをつけた資金計画が大事でした。

(お金をかけるとおころ、削るところを明確に)

その中で、お風呂は基本的に家族だけしか使わないので

とてもシンプル、だけど使いやすい(または、掃除しやすい)場所をめざしました。

工務店の標準のお風呂

リクシル、タカラスタンダード、トクラスの3社が工務店の標準でした。

そしてTOTOも候補にいれて4メーカーから選びました。

(TOTOのサザナをリフォームした実家で使っていて、使用感が試せました)

その中で、タカラスタンダードを選んだ我が家です。

シンプルなお風呂ですが、こだわりが詰まっています。

我が家がタカラスタンダードのお風呂を選んだ理由

①お風呂の床材が一番好みだった

他の部分で予算オーバーのため、お風呂は標準仕様でとどめたいところ。

3社で比較して、最終的には、TOTOとタカラスタンダードで迷いました。

TOTOのサザナの「ほっからり床」

インスタなどでも、とても人気なのですが、

私が実家で、使ってみての感想は、

「赤カビができやすい」「冬はひんやりしにくい」「やわらかくて踏み心地がよい」

という感じでした。

確かにひんやりしにくいんだけど、

やっぱり真冬はお風呂が暖まるまでは寒いので、タイルとさほど変わらない。

(踏み心地のやわらかさは、タイルより勝ります。)

それから細かい白の目地が多く、赤カビができやすい。

タカラスタンダードのグレーのタイル

真冬はお風呂をあたためないと寒いみたいですが、

一度お湯をかけてお風呂を温めれば、タイルの方が保温効果が続くらしいので、

その問題はそこまで気になりませんでした。

また、見た目もグレーで好みだった のと、

目地が少ない ところもGOOD!

写真には写っていませんが、排水するところがステンレスなのも良いです。

写真のグレーのタイルは他社だとオプションだったりするみたいですが、

我が家の工務店さんでは、標準仕様だったのも良かったです。

②耐震構造になっている

タカラのお風呂はとても頑丈に作られていて

震災時にシェルターみたいになるとのこと。

地震など最近災害が多いので、これは嬉しい仕様です。

③お風呂の壁がホーロー

タカラスタンダードの売りはホーローです。

ホーローの壁で作られているので、磁石がしっかり付きますし、

とても丈夫。清潔感も保ちやすいようです。

④カウンターが外せる

お風呂のシャワーのところにあるカウンターは

カビの温床になるので注文時から「カウンター無し」が希望でした。

ですが、メーカーによっては、

水栓とカウンターがセットになってしまっている ところもあって。

タカラスタンダードは外せました。

ただ、カウンターを外すと、水栓が低い位置 になります。(高さは選べません)

ショールームで見た時に

「低くて使いにくかったらどうしよう~~」とちょっと心配していました。

でも実際に使ってみたら・・・

全然平気(笑)

子どもはすごく使いやすそう。大人は普通の使い心地。

むしろ、カウンターのカビ防止の掃除を毎日するよりも快適ですし、

見た目もスッキリするし、いいことずくしの「カウンター無し」仕様でした。

シャワーヘッドはこれ!

シャワーヘッドはこだわりたかったので、

タカラスタンダードでは、標準の1番安いのを選びました。

(使わないから、シャワーヘッド無しが良かったけど、ホースとセットだから外せなかった)

そして、入居と同時にこちらを付け替えました!

(賃貸から使っているお気に入りのシャワーヘッドです。)

 

我が家は子どもが肌が弱いので、

普通のシャワーヘッドだと、シャワーの肌当たりが良くない

ので、シャワーヘッドはこだわっています。

大人の肌や髪にも優しいのと、節水効果

もあるので、一石二鳥です。

【バスルーム仕様2】に続きます。

ABOUT ME
riko
30代夫婦と3人の幼い子どもがいます。 モノトーンなインテリアと木のぬくもりが好きです。 コンパクトなお家ですが、 家族みんなが居心地の良いおうちづくりをしています。