スポンサーリンク

外壁が貼られていました♡

スポンサーリンク

我が家の工事の進み具合

ちょっと不安&とても楽しみにしていた外壁材。

無事に貼られていました~!!

 

この写真は、我が家の裏側です。

選んだ外壁材はサイディングにしました。

工務店の標準がケイミューの「光セラ」のサイディング。

とても優秀で機能的なサイディング材なんです。

汚れを落としてくれる汚れが貯まりにくいサイディング材。

ただ、見た目があまり好みじゃないものが多くて。

標準で選べる中で、「これならいいかな」と思うものにしました。

 

ガルバリウムではなく、ガルバ風サイディングを選んだ理由

ガルバリウム風。

これが、思ったよりも良かったです◎◎

ガルバリウムとガルバ風サイディング。

何が違うかというと。。私の視点から、簡単に言うと

 

①素材

ガルバは金属なので、夏は熱を吸収して熱くなるみたいです。

機能としては、高機能なサイディング材の方が上だと思います。

お家によっては、ガルバは金属なので、携帯の電波が悪くなるとか聞いたこともあります。

(定かではありませんが。。)

②値段

物にもよりますが、ガルバの方が高いことが多いと思います。

私が気になっていたSFビレクトのガルバなんて、

全部の外壁面に貼ったら、標準+200万!!でした。

高すぎ。。

(外壁材は使う面が多いので、どうしても高くなってしまいます。)

これはもちろん、貼り分けすることで費用を抑えられます。

 

③見た目

素材の違いはもちろんなのですが、

私的に大きく違うな~と思うのは、

ガルバリウムは、見切りが付かない。

ガルバ風サイディングは、見切りが付く。

ここが大きい気がします。

サイディングは、ある程度の長さのところで、見切りが付きます。

↑写真で分かりますでしょうか?

(足場が組まれているため、この角度でないと見切りが撮れませんでした。。)

我が家はサイディングの縦張りをしているため、横に線が入っています。

ガルバリウムは、1枚が長いので、地面から屋根のあたりまで1枚で施工できるため、

見切りが付かずに、綺麗です。

ただ、見切りがついた我が家ですが、正直、マットブラックの外壁だからか?

全然気にならないです。位置も人の目線の高さよりも、もっと高い位置ですし。

むしろ標準で選んだサイディング材なのに

とっても良かったので、節約のために、この外壁材4面でもよかったかも~~

(1面だけは、自分たちの希望の外壁材にしています。)

外観
スポンサーリンク
モノトーンインテリア×木のおうちを設計中

コメント