キッチン

家具職人さんが作ったオーク材×真鍮のカップボード

があります。

検討したカップボード

●グラフテクト

●リシェルsi

●ウッドワン

●サンワカンパニー

●IKEA

カップボードも色々なメーカーのショールームを巡りました。

キッチンはリシェルsiと決まっていて、

リシェルのグレーのキッチン×木のカップボードの組み合わせが良い

と思っていました。

そのため、ウッドワンは最後まで迷いました。

カップボードをオーダーにした決め手

「オーダーは高い」という固定概念があり、

敷居が高く、なかなか家具屋さんに見積もりをお願いすることが

できなかった私。

メーカーの中でもウッドワンは、無垢の木の良さが表れていて良かったのですが、

決められたサイズしか無く、ピッタリとした収まりのカップボードを

希望していた私はとても悩んでいました。

知人に家具屋さんを紹介してもらい、

ダメ元で見積もりを出してもらうと・・・ウッドワンと値段が変わらない!!

一気に「オーダーしたい」という思いが強くなりました。

4段×3列のカップボードにしました。その理由は?

メーカーのカップボードだと、

高さ90cmだと3段のカップボードがほとんどでした。

オーダーでは、好きに高さを決められるので、

4段のカップボードにしました。

というのも、以前賃貸で使っていた楽天で買った3段のカップボード。

①大皿は高さが足りず立てて収納できない

②小鉢、取り皿、カトラリー、コップなどを入れる引き出しが足りない

など、使いにくくて仕方なかったです。

そのため、4段にして、上2段は浅めに。

一番下は手持ちの大皿や水筒が立てて収納できる深さに。

残りの下から2番目の段は、残った高さで丼皿など用に作りました。

もっと色々入っていますが、ざっくりこんな感じです。

特に、高さが低めの引き出しが上2段×3列=6引き出し

あるので、「(高さ的に)無駄なスペース」が無く、

とても使いやすい!!

結婚と同時に家を建てる場合には難しいかもですが、

一度賃貸などで住んでいて

自分のキッチンの持ち物の必要量が分かっている方は、

オーダーカップボードは本当にお勧めです。

オーダーにしてよかった!4か月使ってみての感想。

手持ちのキッチンアイテムにピッタリのサイズにしてもらったことで

使いやすいですし、

デッドスペースがなく、収まりもスッキリしています。

真鍮の取っ手も希望していたので、

メーカーに真鍮の取っ手をオプションでお願いすると

結構なオプション価格だったので、

自分で色々検討して探し出した取っ手でした。

地元の家具職人さんが作ってくださったので、

「調子が悪くなったときにはいつでも声をかけてください」

と温かいお言葉を頂きました。

 

 

 

ABOUT ME
riko
30代夫婦と3人の幼い子どもがいます。 モノトーンなインテリアと木のぬくもりが好きです。 コンパクトなお家ですが、 家族みんなが居心地の良いおうちづくりをしています。